記事一覧

1号8歳 1mx 56 おたから帳から

余裕をもって時計を進められたようです。距離と時間の問題をじっくり体感できたかな。







複数の数字、概念の相関関係を視覚化出来ていますね。どんぐり問題に取り組む子供を見ていると、自分自身が体験し、使いこなしている等身大の道具を使って思考のプロセスを視覚化することは、それ自体が楽しいことだということがよくわかります。与えられたコピー回路のあてはめが苦痛であることとは対照的です。









焚き火が楽しそうな遠足です。
スポンサーサイト

コメント

添削のコメントかな、それにしても楽しそうに書いてるね!

re:

コメントありがとうございます!添削のコメントはほとんどしないのですよー。たまに、添削へびくんにマントつけてーとか、冠つけてーと言われるけど。楽しめるようになったのもごく最近で、暗黒時代のふりかえりも、おいおいアップするね。

コメントの投稿

非公開コメント